So-net無料ブログ作成
検索選択

地酒・呉春・ [地酒]

遂に待ちに待った大阪の地酒“呉春・ごしゅん”が届きました!
出会いは8年前。
主人と大阪に旅行した際、‘くくる’と言うたこ焼き屋さんで頂いたのですが、

もー!! 一口飲んだらその美味しいことっ!!こんなにも美味しいお酒は無いと感動致しました。

その呉春が今、目の前に〜〜!
これからじ〜っくり味わって幸せな一日の締めにしたいと思います�

左から:池田酒  中央:特吟  右:本丸  と,呼ばれています。
【銘酒「呉春」の由来】
 
呉春特吟の首掛け札に『呉春は池田の酒のこと。呉は池田の古い雅稱「呉服(くれは)の里」に由来し池田のこと。春は唐代の通語にて酒のこと。依って呉春は池田の酒。』と記されていますが、銘酒・呉春の名が松村呉春から由来していることはあまり知られていません。また、呉春は創業が江戸中期の元禄年間(元禄14年(1701年)頃)と云われていますが、呉春の名が使われるようになったのは、天明以降の弘化4年(1847年)頃からと云われています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。