So-net無料ブログ作成
検索選択

2008横浜 イルミネーションツアー Ⅱ [旅]

なかなかやまない雨[雨]

せっかくだから、傘をさして歩きました。

赤煉瓦倉庫から、目指すは横浜ワールドポーターズ。

着いた先にはかわいらしいツリーが[るんるん]

クリスマスツリー.JPG

そして景色は晩秋

葉っぱも落ちかけてます。

秋の樹.JPG



ちょっと散策で小腹も空いてきたので、甘いものでも頂きましょう[グッド(上向き矢印)][黒ハート]
ってことで、1Fにある「コールド・ストーン・クリーマーリー」さんへ

こちらは-9℃に冷やした石板の上でアイスクリームやナッツやフルーツをミックスして
オリジナルデザートを作ってくれるんです。[るんるん]

ミックス作業中にはクリスマスシーズンだったのでジングルベルの替え歌を歌いながら
作ってくれました。[ハートたち(複数ハート)]

aruはミント系が好きなのでミントアイスにナッツとキッ○カ♡トを組ませたオリジナルを注文[るんるん]
出来上がったのはこちら↓です[かわいい]
コールドストーンクリーマー.JPG

食後は店内をウインドウ・ショッピング[手(グー)]
かわいらしいものを見つけてはわいわい[ぴかぴか(新しい)]にぎやかです。

すっかり長居してしまったaru達。
外に出てみるともうすっかり日は暮れて真っ暗。

そうそう[exclamation]
今日はイルミネーションツアーに来たんだっけ・・・ってことで
本来の目的その2を早速[exclamation×2]

まずは横浜のシンボルでしょう[ぴかぴか(新しい)]

みなとみらい2.JPG

七色に光る大観覧車コスモクロック21

みなとみらい.JPG

そしてクイーンズスクエアなどなど・・・

ワールドポーターズ.JPG

ワールドポーターズを降りてきたところもパシャリ[カメラ]

でもこの間、雨がどんどん降ってくる。
そしてどんどん寒くなる。
でもaru達は結構満足[黒ハート]

さて、先を急ごう。

汽車道を気分良くステップ。

目の前にはリトル香港[exclamation&question] を思わせる(大袈裟ね)景色
船.JPG

赤と緑の電飾が今の時期にピッタリの船。

ラストはランドマークタワー内のクリスマスツリー

パープル
ランドマークタワーのクリスマスツリー2.JPG

ブルー
ランドマークタワーのクリスマスツリー.JPG

流れるクリスマスソングとともに七色に変色するツリー。

曲が終わるとこんな感じ
ランドマークタワーのクリスマスツリー3.JPG

去年も観たけど、今年もやっぱり観に来ちゃった。

厳かなのも好きだけど、こういう煌びやかなのも、たまには良いですね。[揺れるハート]


nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

2008横浜イルミネーションツアー Ⅰ [旅]

先日職場の先輩・後輩と横浜旅行を楽しんで来ました[わーい(嬉しい顔)]

まずは横浜中華街で昼食[exclamation]

横浜中華街 中国料理 接筵さんで頂きました。
(詳しい接筵さんの情報は名前をクリックしてください!)

こちらはスープチャーハンが名物でとってもおいしいんです[わーい(嬉しい顔)]

aru達はフカヒレスープチャーハンと松笠イカと葱の熱油かけ フカヒレ姿そばを注文[るんるん]

画像 001.JPG
  
こちらが頂いたフカヒレスープチャーハン[るんるん]

ふつうのチャーハンよりスープがかかっている分、しつこいかな~と思いましたが、意外とさっぱりしてます。
そして、腹持ちもいい感じです。
中華ならでは4人で分け合っておいしく頂きました。[るんるん]

食後は横浜 山下公園を散策です。
かもめ4.JPG

大きな船
かもめ6.JPG

繋留の鎖には沢山のかもめが・・・
かもめ5.JPG

aru達が歩いてゆくと一斉に飛び立つ
かもめ2.JPG

海の上に逃げちゃった
うみねこ.JPG

かもめさん達とお別れして、赤煉瓦倉庫へ向かいました。
生憎、午後から雨の予報・・・

案の定降って参りました[雨]

暫くここで休憩です。
ランドマークタワーが煙って見えます。
ランドマーク.JPG

なんだかしっとり・・・
雨の横浜はもの悲しい雰囲気です。
メロウな感じが結構好きかも・・・

続きはまた次回。








nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

職員旅行in函館(4) 「路面電車&通りの素敵な出会い」 [旅]

今日はほんと寒かったですね

関東地方は最低気温が2℃だったとか・・・

そんな中、aruは神宮球場で野球観戦でした。

おうどんが本当に美味しく感じられましたよ

 

さて旅の締めくくりは、路面電車です。

 

函館には路面電車が走ってます。

路面電車は広島に修学旅行で訪れた時に見かけましたが、

乗ったことが無かったので、ドキドキです。

車内はこんな感じ↓

aru達が乗った電車は、「函館ハイカラ号」というネーミング。

内装がレトロでしょ

古き良き時代・懐かしさが伺えます。

車掌を務めるお姉さんはとっても可愛らしい方でした

 

電車を降りて五稜郭まで歩いて行く道すがら、

こんな素敵な詩に出会いました。

その横には可愛らしい彫刻が・・・

どんな素敵な世界がこの子とワンちゃんの先に待っているんでしょうね

 

また、こんな彫刻も・・・

北海道だけにクマさんです。

この彫刻の題名は、「じっと手を見る」

皆さんはどんなことを想像しますか?

aruは・・・

魚を捕まえたのに、スルリと手から逃げてしまって、

あれれ・・・??? って感じを思い浮かべました。

クマさん。 次、頑張ってみよう。ファイト

 

 

今回の職員旅行「函館の旅」はこれでENDです。

函館は本当に楽しかったな~

私たちの職員旅行は1泊2日なんです。

なので、結構ハードスケジュールなんですよ。

本当は修道院なんかも見学したかったのですが、

時間がないので出来ませんでした。

なので、次回に持ち越し(次回はいつになる事やら・・・)です。

 

 

では最後に・・・

前回の答えです

 

武田斐三郎氏は「東洋のダビンチ」と謳われた方で、

修学旅行生達がそれにあやかろうとして、

お顔を撫でて行かれるのだとか・・・。

 

それでは本日はこの辺で・・・

おやすみなさいませ

 

 

nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

職員旅行in函館(3) 五稜郭 [旅]

函館旅行記第3弾は 「五稜郭」 です。

 

五稜郭は、江戸時代末期に洋式軍学者の武田斐三郎氏に設計されました。

ヨーロッパの築城洋式を採用し、堡を星形に配置しています。

戊辰戦争の最後の戦いの地として有名です。

 

五稜郭タワーに登ってみました。

  ↓タワーから見た五稜郭です。

 前夜登った函館山が見えます。

 ↓タワー1階に有りました、大砲と土方歳三の像です。

 ↓こちらが、登っていた五稜郭タワーです。

天気が良かったので、公園内を散策しました。

五稜郭をかたどったお花です。

お堀では、カモさんが気持ちよさそうに泳いでます。

公園内はとても広いので全部は見てまわれませんでした。

公園内を散策中にこんなモノを発見

大砲です。

今のも玉が発射されそうな感じです。

そしてまたまた、こんなモノも発見。

一際立派な松が・・・

近づいて良く見てみると・・・

その下には、何やら石碑が?・・・

五稜郭築城設計及び監督をされた、武田斐三郎氏の

碑でした。Oh!立派なおひげです

 

ここでクエスチョンです

お顔だけ何故か色が違うのが分かるでしょうか?

お顔がピカピカに光っている理由は・・・

 

答えは次回upの記事で

 

次回は、「路面電車」と「通りの素敵な出会い」をUpします。

 

 

 

 

 

 


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

職員旅行in函館(2)・蟹と函館山の夜景 [旅]

函館旅行の夜は、豪華な海の幸を堪能致しました。

まずはBIGな蟹さん登場です。

朝、浜茹でしたこちらの蟹さんが通常¥18,000で店頭販売の所、

売れ残りということで、¥8,000でご提供でした。

私たちは10人で食事に来ていましたので、一人¥800で、

こちらの蟹さんが頂ける計算です。

ここまで来たら、蟹を食べずしてどうするってことで、

即、「頂きます」宣言です。

画面左上の蟹さんがこんな風に解体されて、出て来ました。

蟹みそも美味しそうでしょ

実際、臭みもなく、濃厚なお味で、ほんと美味しかったですよ

 

続いては、こちら↓ イカさんの登場です。

新鮮なだけ有って、もの凄く透明な身でした。

また身が引き締まっていてコリコリしているんです。

げそ部分は吸盤がお皿にくっついており、ちょっと取るのに苦労しました。

お口の中でも、内頬や舌にくっつくんです。

それだけ新鮮なんでしょうね。

でもaruはちょっとビビリました

 

さてそんなこんなで、お腹も心も幸せ気分な夕食後は、

函館山の夜景を観よう企画です。

函館駅のロータリーから、函館山往きのバスに乗車。

山道を揺られること30分程で、目的地に到着です。

眼下に広がる宝石箱をひっくり返したようなまばゆい夜景に

一同「きれーい」の連発です。

 ↑手前の矢印が目障りで済みません。

でもほんと綺麗でしたね。

私の持っていったデジカメでは、この画像が精一杯です。

夜景モードでの撮影は難しいですね。

出来れば現地で本物を観ることをお薦めいたします

 

旅行日の天気は雨又は曇りとなっておりましたが、

天候には恵まれました。

お陰でこの夜景も堪能することが出来ました。

やはり日頃の行いって大事ですね

 

次回は五稜郭をup致します。

 


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

職員旅行in函館 [旅]

昨日で県の監査も無事終了し、やっと肩の荷が下りた感じです。

初めての監査対応でしたので、やや緊張気味・・・

少しばかり体調も崩し気味・・・

でも何とか皆さんのご協力の元無事に終わりました。

今回は良い勉強になったな~って感じです。

 

さてブログもなかなか更新できずでしたが、

これからまた再開していきます。

 

長らく更新できない日々でしたが、

まずは函館旅行からUPしたいと思います。

 

快適な空の旅はA○Aさんを利用させていただきました。

この日は地上は曇っておりましたが、上空はご覧の通り綺麗な青空です。

窓の外には厚い雲海が広がっています。

雲の切れ間には地上が見えました。

 

※機内は離着陸時間以外、機体が安定飛行に移ってから、写真は撮れます。

 もちろん携帯電話の使用は航空法で認められていないようですので、

 携帯カメラ機能は使えませんよ。

 

快適な空の旅も1時間ほどで終了。

案外あっさりと着いてしまうものです。

早速お昼にしました。

この日は函館市場近くの 雅家【がや】 と言うお店でサーモン・イカ・マグロの三色丼を

頂きました。

残念ながら、映像は有りません

 

こちらは赤レンガ倉庫です。

建物にからみつくツタが良い雰囲気です。

こちらは、もはや、ツタに占領されつつあります。

散策中に発見した消火栓です。

形と色が可愛らしかったので、迷わず写しました。

函館は日本だけど日本ではない様な雰囲気の街です。

続きはまた次回

 

 

 

 


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都散策(3) 下鴨神社 [旅]

仕事が忙しいのと、主人がPCを占領したため、長らく更新が出来ませんでした。

既に季節は秋です。

暑い暑いと言っていたのが懐かしい感じです。

さて、中途半端に中断していた京都旅行の報告がまだでしたね。、

 

 下鴨神社」   詳しくは神社名をクリックしてください。

正式名称は「賀茂御祖神社:かもみおやじんじゃ」

上賀茂神社と並ぶ京都最古の神社の一つです。

賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと) と 玉依媛命(たまよりひめのみこと)を祭っております。

古代豪族の賀茂氏の氏神社でありました。

古代における祭祀の記録も残っておりまた、平安時代には京都の守護神として皇室から

特別な崇敬を受けておりました。

五穀豊穣・縁結びでも御利益のある神社です。

御手洗川が流れる原生林である参道沿いの「糺の森」ともども世界遺産に登録されています。

↑立派な鳥居です。

 

↑国重要文化財の楼門

檜皮葺きの豪壮な感に圧倒されます。

塗り替えたばかりなのか朱色が目に眩しいぐらいです。

↑幣殿

この奥に三間流社造りの優美な東西2棟の本殿がありますが、ここから格子越しに見ることしかできません。

↑舞殿

葵祭に勅使が祭文を奏上する建物で、そのあと、華麗な東遊が舞われるとのことです。

↑御手洗社と御手洗池

土用の丑の日に「足つけ神事」が行われます。

この御手洗川に足を浸して疫病や病い封じを祈願するのです。

境内の御手洗池の底より湧いてくる泡をかたどったのが「みたらしだんご」で、

昔は無病息災を願って神前に供えられていたいたとのことです。

この時季は足を浸すと気持ち良いのでしょうが、

今はちょっと風邪をひきそうですね。

 

下鴨神社の行事
1月4日「蹴鞠はじめ」

5月15日京都三大祭りの一つ「葵祭」

8月の土用の丑の日「御手洗祭」

 

 

ゆっくりゆっくり糺の森を散策していたら、蚊に刺されてしまいましたが、

楽しく過ごせました。

京都駅に戻ってくると、京都タワーがライトアップされていました。

古代に思いを馳せるも良し、タワーのライトアップを眺めるも良し。

京都は実に楽しい街です。

 


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都散策(2) ゆどうふ「奥丹」 [旅]

9月に入りました。

埼玉は、かなり涼しいです。

いきなりのこの涼しさにちょっと体調を崩し気味です。

さて、近畿・中部の旅2日目。

前回の扇子に続き、昼食編です。

 

清水さんから清水坂を下り、3年坂を降ります。

その先の2年坂を少し進と今回昼食を頂いたお店

総本家ゆどうふ「奥丹」がございます。

なんとも趣のある佇まいのお店です。

暖簾をくぐりいざ湯豆腐堪能の旅へ・・・

履き物を入口で預け細い廊下を進みます。

ちょっと薄暗く建物の時代を感じさせてくれます。

廊下にはこんな懐かしいモノを発見

今はあまり見かけなくなりました。

何だか分かりますでしょうか?

蚊取り線香を焚く際に使用します。

辺りはあの独特の懐かしい香りがしてました。

おばあちゃんの家に来たような感じでしたよ。

更に廊下を進みます。

こちらはaru達が通されたお部屋では有りませんが、

雰囲気が良かったので一枚。

でもこの様なお部屋に通されました。

 

こちらの「奥丹」さんは寛永12年創業。

370年の歴史を持つお店で、御当主は15代目だそうです。

江戸時代の初めに南禅寺境内で精進料理屋を開いた「奥丹」は

初代・奥の丹後屋治兵衛氏以来「ゆどうふ」を名物として

受け継いできたそうです。

メニューはとてもシンプルです。

aru達は「昔どうふ」と言って大豆のしっかりした味が楽しめる

硬めのお豆腐と、「普通のお豆腐」を頂きました。

どちらも“一通り”といってコース料理になってます。

まずは「とろろ」と「ごまどうふ」です。

ごまどうふの上に乗っている山葵が実にピント良く、

まったりと重く感じさせるごまどうふをあっさりしたモノにしてくれます。

まったり、スッキリの味わいに唸ってしまいました。

 

次に木の芽田楽です。

木の芽味噌が非常に美味しくて、思わずお皿に落としてしまった

お味噌まで、箸ですくって頂いちゃった程です。

山椒の香り豊かなお味噌でした。

 

メインのゆどうふ 真打ち登場です。

ご飯と天ぷら、香の物も付いてます。

湯豆腐は下が普通のお豆腐、上が昔どうふです。

まずはお値段の高かった昔どうふを頂きます。

次に普通の湯豆腐を頂きます。

画像があまり良くないので分かりづらいとは思いますが、

上の昔どうふの方が堅く生地が詰まってしっかりしています。

下のお豆腐は木綿と絹の中間のような感じです。

食べ比べてみるとその味の違い、舌触りはハッキリします。

aru達は会話もせず、黙々と湯豆腐を頂きました。

こちらはお庭も素敵です。

綺麗な庭を眺めながら頂いたお料理に大満足でした。

日本人で良かったと思う瞬間ですね。

帰る途中渡り廊下の下に流れる水辺に居た亀さんと蛙さんです。

こういった遊び心も面白いです。

心も体もほんわかになったaru達でしたw

 

次回は「下賀茂神社」をご紹介します。

 


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都散策(1) [旅]

旅の2日目は京都です。

京都は盆地だけあり暑かったです。

この日の昼食は清水寺の近くに決めていましたので、

早速移動です。

京都はバスが潤っているので、移動には便利です。

清水道で下車し、坂道を登って往きます。

まだ、昼食の時間には早いということで、土産物屋さんめぐりをしました。

京都に来たら、欠かさず購入しているモノがあります。

それは、扇子です

扇子大好きのaruは真っ先に立ち寄りまして、

早速吟味即購入です

今回は秋らしくと思い、臙脂のものを2点ほど頂きました。

    ( ↑こんなに暑いのに、秋もナニもないだろうけど・・・ )

秋らしくとは言いましても色のみ

(サツマイモの色だね と 主人・・・)

絵柄は桜ですね

柄の所に花びらが舞っているのが気に入りました。

↓アップにするとこんな感じ。

↓絵柄もアップです。

もう一点は袋付き。

広げるとこんな感じ。

金魚柄が子供っぽい感じですが、

お色がそれをカバーしており、30代のaruが持っていてもOKです。

↓絵柄アップ。

今回購入したモノは色合いが似てしまいましたが、

先にUpしたモノは和紙製で、後にUpしたモノは布製です。

何よりも真っ先に自分のお土産をGetする辺りが、

aruらしいと旦那に言われてしまいました。トホホ。

 

そのまま坂道を登ることやっとこ見えてきました、清水寺。

観光客で大変混んでました。

(そういうaruも観光客の一人ね

拝観はせず写真のみ撮影です。

5重の塔を撮ってくると言っていた主人。

↓これは・・・3重の塔では

写真を撮っているうちに12時近くになってまして、

昼食に向かうことにしました。

その途中二年坂に降りる所で托鉢中のお坊様を記念に一枚。

暑いのに・・・修行ご苦労様です。

 

次回は、総本家ゆどうふ「奥丹」をUp致します。

 


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

All早慶戦in名古屋 [旅]

旅から戻って参りました。

旅行前はまだか、まだかと気が急いてましたが、

終わってみるとアッとゆう間ですね

今回の旅は、早慶野球戦を追いかけるものでした。

          (この辺り、ほんと夫婦してお馬鹿さんです

その中で、ちょいちょいと趣味も兼ねての神社巡りをしてきました。

何日かに渡ってupしていきたいと思います。

 

東京駅です。

出発前はドキドキ&ねむねむでした

朝、家を出たのがとても早かったんですよ。

しかも前夜興奮してなかなか寝付けず。

旅行前はいつもこんな感じのaruです。

今回乗った700系のぞみです。

ノーズが長い。

その向こうにMAXが停車してます。

主人は子供のように写真撮影に没頭してます。

こちらは300系ひかり。

精悍なお顔です。

aruたちが乗車した700系のぞみの車内です。

かなりの軽量化になっているため、何となく質素な感じでした。

どの辺が・・・かと言いますと座席が。

座った拍子に何となく音がするんです。

でもまあ悪くはなかったですよ。

車と違い自分で運転しなくて良いのは嬉しいですね。

そして、名古屋に到着

この後、いざ、名古屋ドームへ・・・

待ちに待ったAll早慶野球戦。

4年に一度行われているこの戦い。

今回は例年と比べ会場内もかなり異様な感じです。

それもそのはず、「ハンカチ王子」こと“斉藤祐樹くん”が

投げるかもしれないと噂されていたからです。

かなり派手なオープニングセレモニーの後

試合は始まりました。

今回の先発は2年生の楠田くん(岡山理大付)。

191㎝の長身から放たれるボールに

慶應打線も手が出ない感じでした。

長身とスリムなボディーから、早稲田のダルビッシュと言われ、

“クスダルビッシュ”と呼ばれているそうです。

ナンか・・・すごいネーミングだ・・・

All早慶戦。

何がAllかと言いますと、各校OBが試合に出場されるんです。

もちろんペナントレース中のプロは出ませんが、

社会人野球に進んだ選手たちは参加してくれます。

卒業していった選手たちが母校のユニホームを再び着て

試合をしている姿は、六大学野球ファンにとっては嬉しいものです。

 

話題の斉藤くんは、投球練習の度に騒がれていました。

ネット越しにカメラを持ったちびっ子やお姉様、おばさま達の

被写体となりまくってました。

早稲田の応援団からは、

「カメラをメガホンに持ち替えて応援しましょう~

と言う声が上がる程でした。

そんなこんなで、なかなか良い試合でしたが、

ハンカチ王子・斉藤くんは一度もマウンドに上がることなく、

試合は4対1でall慶應の勝利で終了しました。

慶應応援席に勝利の挨拶をする、選手達。

楽しいひとときでした。

翌日は、京都に入ります。

興奮冷めやらずと言う感じですが、

この日は大人しくホテルに戻りゆっくり休みました。

 


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。